七草粥

「春の七草」全部言えますか?
 

お正月のご馳走に疲れた胃腸をいたわり、青菜の不足がちな冬場に栄養補給をすると いう意味で広がった「七草粥」。

 

本来は、五節句の一つで一月七日の人日(じんじつ)の日に行われる行事だそうです。

 

七草粥に入れる七草は、

 

せり・なずな こぎゅう・はこべら ほとけのざすずな すずな・すずしろ 

 

せり(芹は、水辺の山菜、独特の香りが食欲を増進させる効果。

 

 

なずなは、別名ペンペン草

 

 

ごぎょうは、風邪予防や解熱に効果。

 

 

はこべらは、目に良いとされるビタミンAが豊富。

 

 

ほとけのざは、タンポポに似ていますが、食物繊維が豊富。

 

 

すずなは、蕪のこと。ビタミン類が豊富。

 

 

すずしろは、大根のこと。消化を助け、風邪の予防にも効果。

 

 

新年に七草粥を食べて、無病息災を願いませんか?

 

 今は七草セットでスーパーなどで売られており、簡単に手に入れれます。