茶漬け

小説や落語にもしばしば登場

年末から年始にかけてはお酒の席が増えますが、お酒の締めはラーメンですか?

 

それとも「茶漬け」でしょうか。

 

そもそも茶漬けとは、米飯に茶をかけた料理のことですが、出汁をかけたものやそれ以外のスープをかけた

 

ものも茶漬けと呼ばれたりします。

 

一般的には熱い茶をかけますが、盛夏の折には冷やしたものをかけて、冷たい食感を楽しみながら食べるこ

 

ともあります。

 

古くから食べられていたものは、白湯をかけた湯漬けであり、平安時代に書かれた文学に登場します。

 

本格的に茶漬けが登場したのは、江戸時代の中期ごろ。

 

茶が庶民の嗜好品として定着し、また当時商家に奉公していた使用人らが、その仕事の合間に食事を極めて

 

迅速に済ませるためにとった食事法が茶漬けでした。

 

茶漬けは小説や落語にもしばしば登場しており、庶民のなじみのものとなっていますが、茶漬けをきらう習俗も

 

存在しています。

 

例えば牛方、馬方など山中での仕事に従事する人はご飯に汁をかけることは「味噌をつける」といい、縁起の

 

悪い事とされました。