HOMEキッチンリフォームまめ知識料理 >とうもろこしの茹で方

とうもろこしの茹で方

安土桃山時代にポルトガル人によってもたらされました

とうもろこしが店頭に並ぶようになりました。

 

とうもろこしは15世紀にコロンブスがスペインから持ち帰ったことで、急速にヨーロッパに広がり、日本へは

 

安土桃山時代にポルトガル人によってもたらされました。

 

このとうもろこしの主成分はデンプンですが、胚芽の部分にはビタミンB1、B2、E、脂肪が多く含まれています。

 

便秘解消と身体のむくみをとってくれるという効果もあります。  

 

調理方法としては、茹でる・蒸す・電子レンジで加熱するといろいろありますが、調理法ごとにとうもろこしの糖分

 

を比較してみても、大差ありません。

 

なぜならとうもろこしは「種」だから。

 

一粒一粒の皮がとても丈夫であるため、中にあるうまみや栄養を外に流出させないからです。

 

甘さに違いがないのなら、食感はどうでしょうか。「粒がぷっくりとふくれ、噛んだときがジューシー」という状態が、

 

美味しく感じる時です。

 

茹で方は「とうもろこしは水にいれて茹でる」ことです。そうすることで、粒の中に水を吸わせ、たっぷりの水でデン

 

プンを糊化させることができます。

 

以前の品種はデンプンが多く、十分に加熱しないとお腹をこわす可能性がありました。

 

しかし、現在は品種改良が進み、デンプンが少なく糖が多いものが主流となっています。

 

そのため、加熱時間を長くすると、逆に食感がやわらかくなり、みずみずしさを失ってしまうのです。

 

調理方法は、鍋に水を入れたら、すぐにとうもろこしを入れ火に欠けます。沸騰後3~5分茹でればできあがりです。