HOMEキッチンリフォームまめ知識料理 >水無月(みなづき)・・・季節を感じるお菓子

水無月(みなづき)・・・季節を感じるお菓子

三角形の形は魔除け・厄病除け

小豆を三角形の外郎(ういろう)に載せたたお菓子『水無月(みなづき)』。

 

京都では6月30日に「夏越しの払え」という行事が行われます。

 

京都の各神社にて、神事として夏になる前の穢れや災いを払います。

 

この6月30日に食べるものが「水無月」

 

京都の人たちが厄を逃れ、夏を迎えようという気持ちを込めて食してきました。

 

白い外郎は氷を表しています。

 

古来より氷室(ひむろ)という洞穴などで冬の間にできた氷や雪が保管されており、6月の頃に

 

朝廷に献上されました。

 

しかし、庶民には夏場の氷や雪は手が届かない超高級品で高嶺の花。それならせめて氷に

 

似せた形の外郎を作り、気持ちだけでも涼しさを味わおうということで考え出されたお菓子が

 

「水無月」なのです。

 

三角形の形は魔除け・厄病除けを表しており、小豆も同様に邪気を払うモノであるということで

 

載せられました。

 

外郎とは上用粉、もち米などの米粉に砂糖を加えて蒸したお菓子です。

 

小豆の主成分はデンプンとタンパク質で、ビタミンB1、ビタミンB2、ニコチン酸、カリウム、リン、

 

鉄などを含んでいます。米粉と小豆を一緒に食べる。

 

水無月は栄養バランスという点においても大変すぐれている取り合わせなのお菓子なのです。