ぬか漬け

日本の代表的な漬物の一つ

ぬか漬けとは米ぬかを乳酸発酵させて作ったぬか床の中に野菜や魚などの食材を付け込んで作る日本の

代表的な漬物の一つです。

一般的にはキュウリ、ナス、カブ、大根、人参、長いも、セロリなどを漬けます。

また白菜やキャベツなどの葉物も漬けられますが、少々手間はかかります。

また肉や魚も漬けることができます。

手入れ方法はぬか床のカビの発生や腐敗を防ぐために毎日かき混ぜて、空気に触れさせる必要があります。

また何度も野菜を漬けていると、野菜から出た水気でぬか床が水っぽくなり腐敗しやすくなるため、1週間に

1回程度布巾やスポンジなどで水分を取り除く必要があります。

また塩分の補充も必要です。

昔はどこにでもあったぬか床ですが、手入れが面倒なことと、独特な匂いなどで、買ったほうが早いということで、

ぬか漬けを自ら漬ける家庭が激変していました。

でも近年食のあり方が見直され、またぬか漬けに関心が高まっています。

また管理が簡単なぬか漬けキットが販売され、手軽に楽しめるようになりました。

手作りのぬか漬けを1品そえるだけで、気分が豊かになるような気がしませんか?

次にぬか漬けの栄養価をご紹介します。