おめざ

朝の血糖値を上げ、成長を補うもの

広辞苑では「おめざ=子供が目を覚ました時に与える菓子のたぐい」となっています。

 

そもそもは、朝の血糖値を上げ、成長を補うものだったのですが、

 

今は「成人が楽しむ朝一の甘味もの」を指しています。

 

深夜まで仕事をする人、夕食の時間が遅い人、酒席が夜な夜な欠かせない人などは、

 

朝食のご飯やみそ汁、納豆などの定番朝食は胃が受付けてくれません。

 

脳のエネルギー源となって脳を動かすのはブドウ糖であり、

 

そのもととなるのはデンプン質や砂糖などの糖質です。

 

間の血糖値は起床時は下がっているため、血糖値を上げる必要があります。

 

つまり、朝の「おめざ」は脳にとってはかなり有効なことといえるのです。

英国には、

 

 ベッド・ティー

   (アーリーモーニングティー)

 

いう習慣があります。

 

目覚めにミルクティーをベッドで飲むのです。

 

これも血糖値を上げる理にかなった方法といえ

 

ます。