ネズミとの闘い

福島原発の停電の原因はネズミ

ネズミ(鼠または鼡)は、哺乳類ネズミ目(齧歯目)の数科の総称です。

ネズミでもハムスターは愛玩動物でペットとして飼われています。
またネズミをキャラクター化したりと親しまれていますが、人間の天敵的存在のものもいます。

以前はネズミを捕まえる為に猫を飼ったり、「猫いらず」と呼ばれている石見銀山ねずみ取りを
使ってネズミを退治していました。
しかし猫いらずは猛毒のため非常に危険であり、また今時の家猫の食糧事情は豊なため、
ネズミを捕まえることはまれになっています。

日本の家屋で見られるネズミは、ドブネズミ、クマネズミ、ハツカネズミの3種類です。
戦後しばらくはドブネズミとクマネズミが共存する時代が続きました。
それが1970年代になると高層ビルの発達により、垂直移動を得意とするクマネズミが復活し、
都市部や住宅地でも被害が発生しています。

さて、ネズミによる被害は衛生的には感染症、皮膚炎があります。
ネズミの身体にはイエダニ、ノミなどが寄生しており、ネズミが死んだりして血を吸う相手がいなく
なると人の血を吸うことがあり、これが原因で人間は皮膚炎を発症することがあります。
腹部や太ももから吸血されることが多く、おもに冬場に多く見られます。

またネズミは鋭い歯によって伝染ケーブルやガス管を噛み切るため、都市や住宅では停電や火災、
また交通被害などが引き起こされたりします

福島原発の停電の原因はネズミだと発表されました。