HOMEキッチンリフォームまめ知識その他 >元祖オーダーメイドの食器

元祖オーダーメイドの食器

樂家の初代長次郎の「樂茶碗」

 

オーダーメイドの食器といえば、飲食店などで使用するものや、ブライダルの引き出物や各種記念

 

用品があります。

 

さて、オーダーメイドの元祖といえば茶の湯で使うことを目的に焼かれた茶碗。

 

千利休が樂家の初代長次郎に注文して作られた「樂茶碗」です。

 

これは非常に画期的なことでした。

 

なぜならそれまでは茶の湯の茶碗は、中国や朝鮮からの舶来品を茶碗に見立てて使っていたから

 

です。

 

室町時代においての茶の湯は、大広間にて大人数で喫するものであり、室内には飾り棚を設けて

 

たくさんの高級品や舶来品を飾っていました。

 

これらの品を賭けて茶の銘を当てる「闘茶」も盛んに行われていたのです。

 

茶碗も南宋の青磁や天目などの華やかなものが珍重されていました。

 

利休はそんな見た目重視に偏ってはいけないと、国産の茶碗に美を見出したのです。

 

利休オーダーメイドの樂茶碗は真っ黒で両手の掌にすっぽりつつまれるような形をしており、薄暗い

 

茶室で持つと中の茶のみが際立って見えます。

 

「道具のための茶」から「茶のための道具」に転換した究極の茶碗ともいえるのです。