HOMEキッチンリフォームまめ知識その他 >家庭用電気生ゴミ処理機

家庭用電気生ゴミ処理機

ゴミを減量化して資源化

ほぼ毎日キッチンから出る生ゴミ。ゴミを減量化して資源化できる家庭用生ゴミ処理機を新築やリフォームの際に検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

●乾燥式

 

電気を利用した熱や温風で生ゴミの水分を蒸発させて乾燥し、減量、減容化させます。 専用の基材などは必要なく、処理に要する時間は2~3時間程度で、処理物は可燃ゴミか堆肥として再利用できます。

【 乾燥式】

Panasonic 「MS-N53」

 

独自 スパイラル方式

 「プラチナパラジウム触媒」

 

の強化で、脱臭能力がさらにアップ!

 

 肥料づくりに便利な「ソフト乾燥モード」付き

●バイオ式

 

生ゴミを微生物の働きで水と炭酸ガスに分解して減量し、減容させます。製品のメーカーごとに指定された基材(微生物のチップ)とゴミを混ぜて微生物の働きで分解を促進させます。分解時間や基材の補充は製品によってさまざまで、バイオ式には高温バイオ式やハイブリット式などもあります。

      【バイオ式】

        ㈱サクラエコクリーン 「環境すぐれもの」

 

       微生物の力で24時間以内に生ごみ・ペットの

 

       フンを「水」と「炭酸ガス」に高速分解します。

 

最近の生ゴミ処理機は性能が格段に上がり、処理中の匂いを抑えたり、狭いキッチンでも使えるスリムでコンパクトなサイズもあります。掃除がしやすく、電気代を低く抑える工夫を施したりしたものもあり、またペットのフンも処理できるタイプもあります。

屋外設置型と屋内設置型があるため、キッチンの広さやプラン、家族構成に合わせて検討するようにしましょう。設置場所にはコンセントが必要(アースが必要な場合も)のため、事前確認が大事です。

また自治体によっては補助金制度も設けられているため、購入前に問い合わせてみることもお忘れなく。