HOMEキッチンリフォームまめ知識ことわざ >早起きは三文の徳 その①

早起きは三文の徳 その①

夏場には大きなメリット

朝早く起きることは、健康によく必ずいくらかの利益があり、また何か自分にとって良い事が得られるというたとえ。

 

電灯がなかった昔は、昼間の明るいあいだに仕事をするのが当たり前で、夜更かしというものはあまりしなかったそうです。

早朝に起きて仕事をし、夜暗くなったら眠れば、自然の流れにしたがった規則正しい生活のリズムとなり、健康にもいいということです。

 

●照明の役割  

  世の中に電気というものが発明されて依頼、人間は夜でも活動ができるようになりました。

  照明は最初はただ暗闇を明るくするだけでしたが、今では明るくすること以外にインテリアとしても用いられるようになりま

 した。

  一日に昼と夜があるように、部屋にも昼と夜の顔があります。

  夜はただ部屋の明るさを確保するだけでなく、心地いい夜だけの空間を演出する役割もあるのです。

 光は種類により、見え方や質感、部屋の雰囲気などが変わります。

  照明器具自身が明りをつけない日中も部屋のアクセントとなり、美しい空間を演出してくれるのです。

 

●節電効果  

  今ではすっかり節電対策としておなじみになったLED照明。

  蛍光灯からLED照明に取り換えることにより、消費電力を50%から70%節約でき、CO2排出量を約30%に出来るほか、

 蛍光灯の約4倍、白熱灯の約40倍も寿命が長くなります。さらに、可視光線以外の放射がほとんどないため、放熱量が少

 なく室温が上がらないことが、夏場には大きなメリットとなるのです。