乾杯の意味

客に勧める酒に毒が入っていないことを証明

お酒の席やお祝い事の席での『乾杯』。

 

日本においては戦国時代に、出陣時に酒の満たされた杯をみんながかかげ、それを飲んで

 

叩き割り、出陣していました。

 

しかし「乾杯」の音頭がとられるようになったのは幕末の江戸。

 

1854年(安政元年)に日英和親条約を協約した後で、イギリスはエルギン博を日本に派遣して

 

通商条約の補足をさせます。

 

幕府では井上信濃守清直らを派遣して交渉にあたらせ、それが終了した後で晩餐をすることに

 

なりました。

 

その席で初めて「乾杯」の掛け声がかけられました。

 

乾杯の時にグラスをあわせることは諸説ありますが、

 

・グラスをぶつけあうことで、お互いの酒を混ぜ合わせ、毒が混入してないことを証明する。

 

・家の主と客が乾杯し、同時に飲み干すことで、客に勧める酒に毒が入っていないことを証明する。

 

といった説があります。

 

結婚式で行われる乾杯には、グラスをあわせることで新郎新婦の幸せを願います。

 

そして乾杯のお酒を注いだ時に沸き立つ泡は、幸せが湧きあがるという意味があります。

 

いずれにせよ、お酒は楽しく飲むことが一番であるということですね。