万葉集 巻十六

「石麻呂に吾(あれ)もの申す 夏やせによしという物ぞむなぎ(鰻)取り食(め)せ」

万葉集 巻十六

「石麻呂に吾(あれ)もの申す 夏やせによしという物ぞむなぎ(鰻)取り食(め)せ」   

                                            大伴 家持

 

意味:石麻呂さんに申し上げます。夏やせには鰻がよいそうですから、鰻を捕って食べて下さいね。

※石麻呂とは吉田連老(よすだのむらじおゆ)、通称吉田老(よしだのおゆ)という人のこと。

この人物は体がやせており、きちんと食事を摂っていても食べ物がなくて飢えているようにしか見えませでした。

そこで大伴家持(おおとものやかもち)がこの歌を読んでからかったのです。

 

1000年も前から夏バテには鰻がよいと言われていたようで、鰻を暑い時に食べるということは自然に生活の知恵

と して定着していたようです。

夏の土用の時期は暑さが非常に厳しく、夏バテをしやすいことから「精のつくもの」を食べる習慣がありましたが鰻

以外にも土用蜆(しじみ)、土用餅、土用卵なども食べていたそうです。

 

今のように土用に鰻を食べることが習慣化したのは、幕末の万能学者として有名な平賀源内によるものです。

近所の鰻屋から夏場に鰻が売れないのでなんとかしたいと相談され、

 

 「本日、土用丑の日」

 

と書いた張り紙を店先にだしたところ、大繁盛したことがきっかけだと言われています。

 

これ以外に丑の日と鰻の関係は、丑の日の「う」からこの日に「うのつくもの」と食べると病気にならないからである

との説もあります。

 

2013年の土用の丑の日は7月22日です。