HOMEキッチンリフォームまめ知識ことわざ >『似合わしや 豆の粉飯に 桜狩』 松尾芭蕉

『似合わしや 豆の粉飯に 桜狩』 松尾芭蕉

 

「花見といっても酒もいらないし、歌もいりません。豆の粉飯くらいいがちょうどいいのです。」

 

いかにも芭蕉らしい少々さびた花見観の句です。

 

桜といえば葉を使用した桜餅

 

桜餅の元祖は江戸向島長命寺。享保2年(1717年)に誕生しています。

 

同寺の門番であった山本新六が、土手の桜の落ち葉を集め、塩漬けにしたものを餅で包んで

 

売り出したところ、これがすっかり当たって名物になったのだとか。

 

現在の桜餅といえば、クレープのように焼いた小麦粉を餡で包み、桜の葉の塩漬けで巻いたもの、

 

もしくは道明寺粉を使った餅ですが、江戸時代の桜餅は葛餅の衣で、もちもちとした食感であった

 

そうです。

 

新六は桜の落ち葉を漬けこんでいますが、葉が成長しすぎると芯がかたくなってしまうため、

 

現在は新緑の季節に摘み取った葉を塩漬けしたものを使用しています。

 

ほとんどが伊豆方面で生産されています。

 

  ※道明寺粉(どうみょうじこ)・・・大阪府藤井寺市の道明寺で最初に作られ、保存食として使われたのが始まり。

      水に浸し蒸したもち米を干して荒めにひいたもの。主な用途はおはぎや上方桜餅など。