HOMEキッチンリフォームまめ知識ことわざ >梅は食べても実(さね)食うな、中に天神ねてござる

梅は食べても実(さね)食うな、中に天神ねてござる

種子の中には天神様がおられるので、食べるとバチがあたりますよ

梅の種子の核を称して「天神様」といいます。

天神様として祀られている菅原道真(すがわらのみちざね)が梅を愛したことから、

俗信が生まれました。

 

青梅や生梅の核にはアミグダリンとプルナシンという成分があり、

砕けると 酵素分解によって青酸ガスを生じます。そのため食べると腹痛や中毒を起こす 恐れがあるのです。

「種子の中には天神様がおられるので、食べるとバチがあたりますよ」と戒めた 言葉なのです。

 

ちなみにアミグダリンとプルナシンは梅が完熟すると消失します。

梅の出回る時期は5月から6月あたりまでです。

 

小梅・・・5月中旬あたりから6月初旬まで

 

古城、白加賀梅・・・5月下旬あたりから

 

南高梅・・・6月中旬頃から7月初旬位まで

 

梅の疲労回復効果 梅に含まれるクエン酸やリンゴ酸などの有機酸には疲労回復効果があります。

 

●梅は代表的なアルカリ性食品 肉類やジャンクフードで酸性になりがちな食生活にはそれを中和してくれる一粒の梅が

とても大きな力となります。

 

●梅はカルシウムの吸収を助け骨を丈夫にする クエン酸などの有機酸にはカルシウムの吸収を助ける働きがあります。

 

●梅干しや梅酒の食欲増進作用 梅には食欲を増進させる働きもあります

 

●血流を改善し、動脈硬化などの生活習慣病を予防 加熱されたウメ(ジャムやエキス、

  梅干し煮など)には、ウメに含まれる糖とクエン酸が結合しムメフラール という成分が作られます。

  これには血流を改善し、動脈硬化などの生活習慣病を予防する効果がある事が発見されています。