HOMEキッチンリフォームまめ知識お手入れ >お茶の効能あれこれ

お茶の効能あれこれ

お茶の効能を4つ紹介します。

●フラボノイドとカテキン

 

 普段何気なく飲んでいるお茶ですが、これには大きな意味があります。お茶にはフラボノイドが含まれており、食事でついた歯垢の元を分解してくれます。また、緑茶に含まれているカテキン成分は口の中を清潔にし、口臭を予防してくれます。ゆっくりとお茶をのむことで、食事で活発になった胃を休める効果もあります。

 

 

●お茶で消毒

 

 調理中に手を切ってしまった時は、食べ物を扱っているため消毒液を使うのがためらわれます。その時はまず流水で血を流したら、濃いめのお茶でよく湿らせた布を巻きます。しばらくこの状態にしておくと、お茶の中のタンニンが傷に働き、ばい菌から守ってくれます。手軽に手を使いたいときも、出がらしのお茶を使えば効果があります。

 

 

●古くなったお茶は軽く煎る

 

 お茶は古くなると、味も香りも落ちてしまいますが、そんな時は軽く煎ってほうじ茶にします。お茶の葉を鍋に入れ、弱火で静かに回しながら軽く煎っていきます。冷めたら缶に入れ、ふたをセロハンテープできちんと密封して冷凍保存をすれば、6ケ月はおいしくいただけます。

 

 

●飲み終わった茶葉は芳香剤に

 

 飲み終わった茶葉は捨てずにとっておき、部屋にこもった臭いが気になる時に、フライパンで煎るといい香りが漂います。部屋の臭いも同時にとってくれます。