HOMEキッチンリフォームまめ知識お手入れ >鶴は千年、亀は万年で 亀の子タワシ

鶴は千年、亀は万年で 亀の子タワシ

タワシが登場したのは遡ること江戸時代。

汚れを落とす道具として定番化しているタワシ。
タワシが登場したのは遡ること江戸時代。
ただ当時食器の汚れはシュロの皮を束ねたものか布巾、かまどのススで汚れた鍋や釜は、荒縄を
束ねたものや竹を細く割った ささら というもので汚れを落としており、「タワシ」とはこのように皮や
縄を「丸めたり、たわめたり」するところからつけられた呼び名だそうです。

今やおなじみの亀の子タワシ。亀の子タワシの製造・販売元は西尾商店ですが、
明治時代はシュロ(ヤシ科の植物で、その毛は耐水性・強度ともに非常に優れている)で靴の汚れを
落とす靴ふきマットを製造・販売していました。
しかし当初は飛ぶように売れていた足ふきマットも次第に人気が下火となって稼業はじり貧状態に。
そんな時、当時の社長の妻のやすが売れ残っていた足ふきマットで洗いものをしていました。
それを見た社長が閃いたのが足ふきマットのベースをタワシとして活用できないか、ということ。
シュロの繊維の先端は細かい部分にも入り込んで汚れをかきだしてくれます。
その長所を最大限に利用できないかと知恵をしぼって生み出されたのがタワシでした。

見た目が亀の甲羅にそっくりだったため、亀は万年で縁起がよいということで「亀の子タワシ」と命名。
どことなくユーモラスな名前と姿、そして使いやすさと汚れ落ちが抜群なため大人気となり、あっという間
に生活必需品の仲間入りを果たしました。

現在の原料はシュロではなくココナッツ椰子ですが、天然素材であり、洗剤を使わなくてもたいていの食器
の汚れは落とすことができます。
また燃やしても有害なものはいっさい出ないという、非常に環境にやさしいタワシであり、日本だけではなく
海外(中国は除く)でも大活躍しているスーパークリーン・グッズなのです。