HOMEキッチンリフォームまめ知識お手入れ >排水口の悪臭防止対策

排水口の悪臭防止対策

お酢と重曹を混ぜたものでもOK。

匂いというものは気にしないようにしていても、気になってしまうものですが、

 

排水口から嫌な匂いが漂ってくるという悩みは多いです。

 

特にキッチンは調理や洗いものでシンクの排水口がヌメリやすく、匂いも出やすくなっています。

 

●排水トラップの機能不全

 

 排水トラップとは、水が常時たまるような場所を作り汚水管の匂いが上に上がってこないようにする装置のことです。

 これがしっかり機能していないと下水の匂いが上に上がってきて、悪臭を発してしまうのです。

 対策はシンクの下を調べて排水トラップがしっかり機能しているかどうか、排水管との継ぎ目から匂いが漏れていな

 いかを調べます。

 もし漏れている場合は構造の不備であるため、専門業者にお願いして直してもらうことです。

 

●パイプの汚れ

 

 排水トラップの不備が見られなければ、パイプの奥の方に汚れがたまっているという 可能性があります。

 この場合はパイプの奥を掃除するべきですが、手っ取り早い方法はドラッグストアやホームセンターなどで売っている

 「パイプユニッシュ」など排水管専用の洗剤を利用することです。

 これらは非常に強い洗剤のため、使用の際はよく説明書を読んでから行ってください。

 またお酢と重曹を混ぜたもの(お酢は重曹の半分の量)を排水溝に流し、しばらくたってからお湯を流すという方法も

 あります。