ダストボックス

ダストボックスは、今やインテリアの一部

ダストボックス(ゴミ箱)は今やインテリアの一部として、部屋の間取りやイメージと合う物を選ぶ人が増えています。

 

しかし、本来の目的はあくまでも「ゴミの廃棄・保管場所」ですので、ゴミの種類によってダストボックスも選びたい

 

ものです。

 

キッチンから出るゴミの量は生ごみをはじめ缶やビン、肉や魚が入っているトレイ、ペットボトルなど、各自治体が

 

定めた分別が必要なゴミが出ます。

 

 

そのためキッチン用ダストボックスは、

 

 

 ・分別可能なもの  

 

 

 ・分別できる箱の数が、自分が出すゴミの種類とあっているもの

 
 

  

 ・手入れが簡単な材質、構造でいつも簡単に使えるもの

 

    

 ・蓋付など匂い防止の工夫が施されているもの  

 

 

  を選びましょう。

 

 

キッチン用のダストボックスは、ペダル式で、蓋の開閉ができるものが主流になっています。

 

またキャスター付のものであれば調理をする際に手元に引き寄せて使えるため、便利です。