HOMEキッチンリフォームまめ知識お手入れ >キッチンを選ぶ時のポイント

キッチンを選ぶ時のポイント

キッチンでの作業はほぼ立ち仕事だから

●シンクの高さ

キッチンでの作業はほぼ立ち仕事です。

食材を洗って下ごしらえをして、煮炊きをし、盛り付け。食後は食器を洗い。調理を行う時、洗いものに摂られる

時間も結構かかります。

調理から片付けまでの時間の半分はシンクの前で作業をする時間であるともいわれています。

そのため、自分に合わない高さのシンクで作業を重ねると、身体に負担がかかります。

例えば低いシンクの場合は腰をかがめた状態が続くため、腰が痛くなってしまいます。

自分に合うシンクの高さは

(身長) ÷ 2 + 2.5cm で割り出せます。

身長155cmの人はキッチンは80cm、165cmの人は85cmとなります。

キッチンの高さはJISで80、85、90、95cmの4種類と決められているため、まずはショールームなどで自分の

身長にあったものから試してみて下さい。

その際には家と同じ状態を再現することが重要です。靴をぬぐことはもちろん、普段スリッパを履いたり、マットを

敷く予定であればその高さも考慮しておくことが大事です。

腰への負担を軽減するためには、身体を起こした状態で作業できるよう、シンクの高さをあげ、もたれかかった

際には水の跳ね返りで濡れないよう、少し盛り上がったフチがあるキッチンを選ぶとよいでしょう。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【LIXIL サンウェーブ】

システムキッチン サンヴァリエ〈リシェル〉