HOMEキッチンリフォームまめ知識お手入れ >キッチンの地震対策

キッチンの地震対策

キッチンは頭上の収納物、刃物、火など危険なものがたくさん

【食器棚や収納棚のチェックをする。】

 

 

震度6以上の大きな揺れの時は、食器棚からは食器が飛び出し、高い位置に置いてある

 

鍋や皿が落ちてくる可能性は十分あります。扉には専用の留め具を設置しましょう。

 

お酒類(ビン類)は高い場所に置くと、落ちた場合臭いと掃除が大変です。

 

 

 

【窓ガラスはガラス飛散防止フィルムを張ったりしてガラスが割れて

 

                                                                  飛び散るのを防止する。】

 

 

キッチンやリビングは人が集まりやすい場所でもあるため、怪我をしやすい場所でもある

 

のです。

 

 

 

キッチンは頭上の収納物、刃物、火など危険なものがたくさんあります。

 

そのため揺れを感じたらまずははキッチンから離れること。

 

ガスは大地震が発生すると、自動的に元がシャットダウンされるため、余力のないときは

 

火を消す作業は二の次でもよいでしょう。

 

しかし、地震の第一波が静まり家から退避する場合は、元栓を閉めブレーカーを落として

 

火事のもとにならないようにしましょう。

 

また、地震直後にガラスや食器類の破片で怪我をする場合があるので、できれば底のしっ

 

かりした靴やサンダルも必要です。